指でボタンを押すイメージ画像

眠気解消法にはさまざまなものがありますが、特に道具を使わずにすぐできる方法として知られているのが「ツボ押し」です。

ただ、ツボって意外と難しいというか……押す場所はここで合ってるのかとか、本当に効果が出ているのかとか、素人にはいまいちわかりにくい部分が多いですよね。

そこで、「眠気に効く」と言われているツボについて、徹底的に調べてみました。

ツボとはそもそも何なのか?

ツボとは、正式には「経穴(けいけつ)」といい、もともとは中国の伝統的な医学(中医学・漢方医学)における考え方です(中国語では「腧穴」)。

人間の身体の表面にあるエネルギーの通り道「経絡(けいらく)」の上にある様々なポイントが経穴(ツボ)で、そこを指圧や鍼(はり)、灸などで刺激することで、血行を良くしたり、体調を整えたりする効果が得られるというもの。

経穴・経絡は神経や血管、筋肉などの位置と関連しており、現代ではWHO(世界保健機関)でもその有効性が認められています。

2006年にはWHOの国際会議において、全部で361箇所のツボの名称と位置が国際的に統一されました。
鍼灸のツボ統一 刺す場所どう変わる : J-CASTニュース

このように、本来「ツボ押し」は体調改善などを目的にした「治療法」の一種なので、本場中国のサイトで調べると、「眠気を覚ます」ためのツボの情報というのは、実はあまり出てきません(逆に「安眠できるツボ」「不眠症を治すツボ」であれば、しっかり紹介されています)。

眠たい時には睡眠をとるのが本当は健康のためには一番のはず。無理して眠気を覚ますことは、そもそも「体調を良くする」というツボの理念に合わないのかもしれませんね。

日本で「眠気を覚ますツボ」としてよく知られているツボは、どうやら「脳の血行を良くする」「目の疲れを取る」「ストレス軽減」といった、結果的に眠気解消にもつながるかも……というものが大半のようです。

それでも少しでも眠気を軽くしたい、紛らせたい、という時には活用できる方法ですので、覚えておいて損はないでしょう。

眠気の正体は、起きて活動している間に脳内に溜まっていく化学物質(睡眠物質)であると言われています。眠気そのものを解消するためには、実際に睡眠をとって睡眠物質を減らしてあげるしかありません。ツボ押しはあくまで一時的に眠気に対抗するための方法と考えましょう。また、眠気覚ましの定番であるカフェインは、わかりやすく言うと「睡眠物質の存在を感じなくさせる」方法になります。
*****
こちらの記事も参考にしてください:
眠気覚ましの最強テク!「コーヒーナップ(カフェインナップ)」のすすめ – ねむるーむ

眠気に効くと言われるツボ3選

それでは、実際に眠気を覚ます効果があると言われているツボについて見ていきましょう。

ツボの効能については鍼灸師によっても考えが様々である上に、先ほどご説明したとおり、そもそも「眠気にはココで決まり!」と明確に定義されたツボというものは存在しないため、あるサイトで「眠気を覚ます」と書かれているツボが、別のサイトでは「眠くなるツボ」「安眠のツボ」になっていることもあったりします。

なので、大事なのは、そのツボの本来の効果を知っておくこと。たとえば「脳の血行をよくする」ツボであれば、「頭が冴えて眠気が覚める」とも「頭痛を解消して気持ちよく眠れる」とも言えるわけです。本来の効果を知っておけば、状況に応じて使い分けられますよね。

ここでは、国内外の複数の情報をもとに、眠気を覚ます効果が期待できる、と考えられるツボを3箇所、厳選しました。

百会(ひゃくえ)

百会のツボ

左右の耳を結んだ線のちょうど真ん中にある頭のてっぺんのツボです。両手で頭を包むようにして中指をツボに当てて押します。脳の血行が促進されて、頭をすっきりさせる効果があります。

効果:頭痛、めまい、鼻づまり、耳鳴り、ほか

参考:百会(针灸穴位)_百度百科

風池(ふうち)

風池のツボ

髪の後ろの生え際のあたり、首の骨と頭蓋骨の間の少しへこんだところにある左右のツボです。両手で頭を抱えるようなかたちで親指をツボに当て、押し上げるような感じで押します。

効果:頭痛、偏頭痛、目のかすみ、目の疲れ、無気力感、鼻炎、肩こり、不眠症、高血圧、ほか

参考:风池穴_百度百科
Acupressure Point GB20: Gallbladder 20 or Feng Chi (Wind Pool) • Explore Integrative Medicine

合谷(ごうこく)

合谷のツボ

両手の人差し指と親指の骨が交わる部分の少し上、人差し指側の少しへこんだ部分にあります。反対の手の親指を当てて強く押し込むようにして押します。

効果:ストレス、頭痛、めまい、歯痛、首の痛み、発熱、鼻血、鼻炎、ほか

参考:合谷_百度百科
Acupressure Point LI4: Large Intestine 6 or He Gu • Explore Integrative Medicine

まとめ

以上、「眠気を覚ますツボ」についてご紹介しました。

紹介した3つのツボは主に頭痛に効果のあるツボですが、頭痛の原因の多くはストレスや脳の血行に関連していると言われていることから、頭痛に効くツボであれば、脳をリフレッシュして眠気を覚ます効果も期待できると考えられます。
あわせて、目の疲れに効く風池のツボを押してあげることで、仕事中や勉強中にはより高い効果が得られるでしょう。

眠気が発生する仕組みや眠気そのものの正体に関しては、最新の医学でもまだまだ未知な部分が多く、研究が続けられています。

最近では、日本の筑波大学での研究により、眠気の発生には脳内にある80種類ものタンパク質の働きが関わっていることが発見され、ニュースとなりました。

また、人間の体内時計のリズムも眠気には大きく関わっています。

個人的には、眠い時には無理して眠気を紛らすのではなく、昼寝で眠気そのものを解消することをおすすめしています。

コーヒーと昼寝を組み合わせた「コーヒーナップ」が一番のおすすめです。
眠気覚ましの最強テク!「コーヒーナップ(カフェインナップ)」のすすめ – ねむるーむ

ツボ押しで眠気を紛らすのは、どうしても昼寝ができない時の一時的な対処法として活用するのが良さそうです。

当サイトでは様々な眠りに関する情報をご紹介していますので、あわせて参考にしてみて下さいね。